カウンセラーの転職について

GREEN_KO20140125500-thumb-851x600-4122

適材適所

カウンセラーとして働いていても、「やっぱりこの職場は合わない」
「ここでは頑張れない」と感じる人もいるでしょう。そこで、選択を迫られるわけです。
転職してもカウンセラーと言う仕事は続けるか、それともカウンセラーと言う仕事自体
やめて転職をするのか。

カウンセラーの離職率がどの程度なのか、具体的な数字を挙げることはできません。
だけど、カウンセラーは精神力を必要とする仕事なので、「辞めたい」と考える人がいても
おかしくないでしょう。

せっかくアドバイスをしても、状況が改善されなかったり、
企業と個人の板ばさみになって苦しい思いをしたり・・・「なりたい」と言う人が多い
カウンセラーですが、やはり仕事である以上辛いことはたくさんあります。

そういう人は、カウンセラーそのものを辞めるのではなく、
カウンセラーの種類を変えることで、上手に仕事をすることができるかもしれません。

職種は異なりますが、販売員だって、「前の店では業績を上げることはできなかったけれど、
今の店ではどんどん数字を伸ばしている」ということがあるでしょう。適材適所です。
「ここが合わないな」「今の仕事が合わないな」と思ったら、
次のステージのことを考えてみても良いかもしれません。

「今の職場は辞めたいけれど、カウンセリングはやめたくない」そんな人は、
転職サイトで転職先を探してみると言うのも手です。カウンセリングにも様々な方法があり、
職場の方向性と自分のやりたいカウンセリングの違いから、新しい職場を目指したいと考える人も
いるはず。そういう人は、転職サイトを利用して、別の職場での再出発を考えてみてはどうでしょうか。

カウンセラーの求人

カウンセラー単体の求人サイトを見つけることは難しいかもしれませんが、
医療系の転職サイトの中には、カウンセラーの求人を出しているところがあるかもしれません。
また、臨床心理士の資格を持っている人なら、「臨床心理士」として求人を探すことで、
自分に合った職場を見つけることができる可能性もあります。

臨床心理士なら、大きな病院や療育施設などで募集されていることもありますので、
求人を良くチェックしてみて下さい。臨床心理士として仕事を探した方が、
求人を見つけやすい可能性があります。

求人サイトは、ひとつだけでなく色々なところをチェックすると、
仕事を見つけやすいのではないでしょうか。信用できる求人サイトを、
いくつか用意しておくと良いでしょう。

求人サイトによって、掲載される求人の傾向が異なる可能性だってあります。
カウンセラーの種類によっても、どこに求人が出るかはまちまちの様に思います。

転職をすることで、働き甲斐のある職場を見つけることができたと言う人は決して少なくありません。
「今の職場でカウンセラーとして働くのは辛い」と考えている人は、仕事と並行しながらでも、
新しい職場を探してみてはどうでしょう。きっと、輝くことができる職場がたくさんあると思うのです。

Link



Banner

当サイトはリンクフリーです。

サイズ:<88 × 31>

○リンクは必ずTOPページにお願いします。
URL:http://www.counselor-employment-rate.com/