離職率も高い留学カウンセラー

623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s

なぜ離職率が高いのか?

調べてみると、「カウンセラー」には色々な職種があることが解ります。
カウンセラーは不妊治療の現場でも活躍していますし、
企業の中でも潤滑油として会社の人間関係を調整することもあります。

場所によって仕事内容は大きく異なりますが、
カウンセラーは本当に色々な業界で活躍している存在であることが解るでしょう。
そんなカウンセラーの中でも、「留学カウンセラー」という職業をご存知でしょうか。

「留学カウンセラー」とは、留学を考えている人に「留学に関する情報」を提供する仕事です。
留学とは、つまり「海外」に行くわけですから、留学生の中には「どうやって海外へ行ったらいいのか」
について悩む人もたくさん出てきます。

留学カウンセラーは、
そんな人に「どんな国に留学するか」「どんな学校に入るか」などをアドバイスしたり、
費用に関する相談に乗ってくれたりなど、留学に関する全般を引き受けてくれる存在。
留学に悩んだら、まず「留学カウンセラーに話をきけばいい」と思える人です。

海外留学には不安もつきものですが、こうしてカウンセラーが
的確なアドバイスをしてくれることで、安心して海外留学へ行くことができるのです。

しかし、実は「留学カウンセラー」はとってもキツイ仕事でもあります。
留学カウンセラーは、海外とのやり取りもありますので「時間がきつい」と言う事情もありますし、
現地でトラブルが起きた時は行かなければならないこともあり、とても過酷な仕事なのだそう。

「留学したい」と希望している学生と、現地の間で折り合いがつかないこともあります。
また、留学先として紹介した国が学生と合わないこともあり、辛い思いをすることも多いのだとか。
この様な環境の中で、留学カウンセラーの離職率は高くなっている様ですね。

留学カウンセラーに向いている人

それでも、留学のすばらしさや楽しさを伝えるために頑張っている
「留学カウンセラー」はたくさんいます。

分野も風習も違う海外の中から、日本人の留学生が「行きたい」と求める国を
選ぶのは大変ですが、実際に行った留学生が喜んでくれたり、良い思い出をたくさん作ったり、
そういう姿を見ることは、喜びもあるのではないでしょうか。
ある意味、人の人生経験を豊かにするための仕事かもしれません。

確かに留学カウンセラーは大変ですが、やりがいもあり、楽しんでやっている人も多く居ます。
離職率が高いからと言って、辛いばかりの仕事ではない・・・と言うことでしょうね。

英語が得意だったり、異文化のコミュニケーションに物怖じしたりしない様な人は、
留学カウンセラーに向いているかもしれません。

留学の楽しさ、異文化コミュニケーションの楽しさを伝える留学カウンセラー。
カウンセラーの中でも異色の職業ではありますが、就職先を日本に限定しない人は
チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

留学カウンセラーは国家資格ではありませんが、民間で認定を行っている企業はある様です。

 

Link



Banner

当サイトはリンクフリーです。

サイズ:<88 × 31>

○リンクは必ずTOPページにお願いします。
URL:http://www.counselor-employment-rate.com/