カウンセラーの実情

PAK85_lalamushimegane20140321500-thumb-906x600-4456

カウンセラーと企業

カウンセラーにはとても多くの種類があります。
子供を対象にカウンセリングを行う「チャイルドカウンセラー」、
結婚に悩む人の相談を受ける「結婚カウンセラー」、悩みを持つ人と同じ立場になることで
サポートしていく「ビアカウンセラー」など、他にも本当にたくさんの種類があります。

しかし、これだけたくさんの種類がありながら、
私たちが生活の中で出会う機会のあるカウンセラーは本当に一握りでしょう。

それがどうしてだか解りますか?
カウンセラーの種類はたくさんあるけれど、まだまだカウンセラーを導入する機関や企業は
ごく一部だからです。どこの企業も今はギリギリの予算でやっていますので、もしかすると
「カウンセラーまで雇う余裕がない」などという事情があるのかもしれません。

しかし、企業の中で職場になじめず悩んでいるスタッフがいたり、仕事が自分に合わなくて
前向きになれない社員がいたり、そういうことの現場には「カウンセラー」が必要だと思います。
上司と合わないことが心の問題を引き起こしている場合、第三者が双方の気持ちを聞き、
すり合わせをしていく様なことだって必要になるでしょう。

そういうことだって、カウンセラーの仕事であるはず。
思うに、企業の中ではまだまだ社員の心の問題を「個人的な悩み」で片付けてしまう風潮が強く、
「会社が一丸となって社員を守っていこう」という意識が薄いのでしょう。
せっかく「カウンセラーと言う職業があるのに、この現状は残念なことです。

しかし、こういう現状だからこそ逆に「頑張っていかなければならない」と言うことにもなります。
カウンセラーの必要性をもっと周知して貰う様な働きかけを行い、人間関係が円滑に進むための
お手伝いもしていく。これが、今のカウンセラーには必要なことかもしれません。

仕事探しのポイント

とにかく、カウンセラーの仕事内容をもっと周知してもらい、
「こういう仕事もできるんだ」と言うことを更にアピールしていくことが必要です。

それに、カウンセラーが多くの業界で活躍しているのは事実であり、そういったチャンスが
自分にめぐってこないとも限らないでしょう。福祉関係の仕事が多い公務員関係の職場でも、
カウンセラーが活躍している例もあります。

カウンセラーの求人はなかなか見つからないのが現実ですが、
それでもまったくない訳ではありませんので、諦めずにコツコツ求人を探してみて下さい。
ふとした時に欠員がでて募集がかかることもありますので、求人情報には必ず
目を通しておくことです。

カウンセラーとしての就職を希望している人は少なくないので、欠員が出ればあっという間に
埋まってしまうのも現状。だからこそ、求人情報を見落とさないことが重要になります。

「希望通りの職種」「条件通りの職種」に転職するには、やはり苦労が必要です。
医療界では比較的安定した地位を築いている医師でさえ、転職を希望する人がいます。
この様なサイトをみて、実際に転職する人がいます。

看護師系の求人サイトは意外に知られていますよね。
かなり充実しています。

カウンセラーになるには、とにかく諦めないこと。粘り強く求人を探してみること。
そういう努力をしていくことで、きっと「カウンセラーへの就職」は果たすことができると思います。
コツコツと求人情報を探してみて下さいね。

Link



Banner

当サイトはリンクフリーです。

サイズ:<88 × 31>

○リンクは必ずTOPページにお願いします。
URL:http://www.counselor-employment-rate.com/