臨床心理士

臨床心理士はどのような資格なのか

臨床心理士は、病院をはじめ企業や学校で心に悩みのある人を心理学的観点からサポートしたり、問題の解決策を相談者と一緒に考えることが仕事です。
近年、日本には心に悩みを持つ人が増加していて、それがエスカレートして精神的に病んでしまう人が急増しています。

臨床心理士は、精神的に病んでしまう前に心のケアを行うことが役目で、最近は病院だけではなく、様々な所で必要な人材として注目されています。
臨床心理士が活躍している場所は、医療・保健施設、教育施設、福祉施設、司法関係機関、産業・労働施設など多岐に渡っています。

医療・保健施設では、病院やクリニックの精神科や心療内科に勤める人が多いですが、
最近では老人保健施設で高齢者の心をケアしたり、小児科で子供の心のケアをするケースが多くなっています。
また、教育施設である小・中学校や高校において、スクールカウンセラーとして子供たちの悩みの相談に乗り、解決のサポートをして活躍している人が多いです。
しかし、最近では教師にもメンタルケアが必要な人が増加していて、教師の心の悩みを聞きカウンセリングを行う臨床心理士も多いようです。

また、近年ではドメスティックバイオレンス、いわゆるDVや育児放棄が問題になっていますが、
家庭において悩みを抱えている女性や子供のメンタルケアを行うのも臨床心理士の重要な仕事で、女性・児童関連の福祉施設で働く人も増えています。
このように、臨床心理士は様々な所で活躍しており、求められている人材です。
これからは、ますます必要とされることが見込まれています。

臨床心理士になるには

臨床心理士は、民間資格で、財団法人日本臨床心理士資格協会が実施している資格試験に合格すれば、臨床心理士の資格を取得することができます。
その資格試験を受験するには様々な受験資格が必要なので注意しましょう。

臨床心理士になるには、まず、財団法人日本臨床心理士資格協会が指定している大学の大学院に進学しなければなりません。
そして財団法人日本臨床心理士の資格試験を受けるには、
第一種指定大学院修士課程を卒業しているか、もしくは第二種指定大学院を卒業して、1年以上の実務経験がある必要があります。

資格試験は二次試験まで行われ、一次試験は心理学や心理療法など心理学の専門知識をはじめ、法律に関する問題などが出題される筆記と論述式の試験になります。
一次試験に合格すれば、二次試験を受ける資格を得ることができます。
面接は質疑応答式になっていて、色々なことについて質問を受けます。

臨床心理士の資格試験に合格すれば臨床心理士の資格を取得できますが、
資格を取得しても5年毎の更新が義務付けられていて、研修などに参加することなどが更新の条件になっています。

Link



Banner

当サイトはリンクフリーです。

サイズ:<88 × 31>

○リンクは必ずTOPページにお願いします。
URL:http://www.counselor-employment-rate.com/