結婚カウンセラー

幸せをつくる結婚カウンセラー

近年、結婚できない30代~40代の人がとても多くなってきました。
そんな人たちの間でブームになっているのが婚活。
婚活は今や結婚をしたいと思っている人には常識で、20代から初めている人もいるほどです。

その婚活の一環として、結婚相手を見つけるサポートをするのが結婚カウンセラーの役割です。
結婚相談所などでその人の好みや条件を聞き、その人に合う結婚相手はどのような人なのかを明確にして、結婚相手を探すサポートをします。

いざ婚活を始めても何をどうすれば良いのか分からず、とりあえず結婚相談所に登録するという人が多くなっています。
結婚カウンセラーは、そのような人たちを全面的にサポートして成婚へと導きます。
そのために結婚したい人向けにファンション講座やメイク講座、異性との接し方・話し方などを開催したり、お見合いパーティーなど様々な婚活パーティーを開催することも珍しくありません。

結婚を望む人たちのメンタルをケアするのも結婚カウンセラーの大事な役目です。
なかなか結婚相手が見つからない人は、どうしてもネガティブになってしまい、どうしても上手く婚活が進みません。
ですから、そのメンタルを転換させて、ポジティブに婚活を進められるようにする必要があるのです。

結婚カウンセラーの役割は、このように色々あります。
他人の結婚を成立させることはそう簡単なことではありませんが、結婚したい人の願いを叶え、
幸せに導く結婚カウンセラーは、とてもやりがいのある仕事と言えるのではないでしょうか。

資格を取得するには

結婚カウンセラーは、国家資格ではなく民間資格です。
結婚相談所を運営している団体や企業が開催している結婚カウンセラー、またはマリッジカウンセラーの講座を受講し、資格認定に合格すれば資格を取得できます。
どのような団体や企業が資格認定を行っているのかというと、日本仲人連盟や、AZCOブライダルサロンなどがあります。

結婚カウンセラーという仕事は特に資格がなくても行うことができますが、
結婚を望む人たちにより良い結果をもたらすには、ある程度のノウハウが必要です。
それを学ぶためにも、結婚カウンセラーの資格は取得しておいた方が良いでしょう。
資格があれば、結婚関連の企業に就職するのに有利ですし、既に就職している人にとってはスキルアップに繋がります。

また、資格を取得すると、結婚相談所を独立開業する道が開けます。
日本仲人連盟やAZCOブライダルサロンでも、その講座を受講して資格を取得した人たちには優先的に独立開業するチャンスが与えられ、開業資金などが優遇されています。
そのため、定年後の仕事や副業やサイドビジネスとして、結婚カウンセラーの資格を取得している人が増えているようです。

Link



Banner

当サイトはリンクフリーです。

サイズ:<88 × 31>

○リンクは必ずTOPページにお願いします。
URL:http://www.counselor-employment-rate.com/